【機能アップデート】クリエイティブの配信開始日を閲覧&フィルタできるようになりました

2021.10.05

機能アップデート

今回のアップデートにより、レポート上でクリエイティブが「いつ」配信開始されたのかを確認できるようになりました!
さらに、配信開始日でクリエイティブレポートをフィルタリングできるようにもなりました。
具体的な使い方も含めて、この機能のメリットを紹介いたします。

このアップデートが解決する課題

これまでのCRALYでは、クリエイティブレポートを表示した時に、いくつか不便な点がありました。

1つ目の不便な点は、レポートに表示されているクリエイティブの成績が、どのタイミングの成績なのか、ぱっと見で判別できないことです。

今回のアップデートでは、クリエイティブレポートに配信開始日が表示されるようになり、どのタイミングの成績なのかがひとめで分かるようになりました。

これにより例えば、impが低い場合に「まだ5日しか配信されていないからか!」と気付いたり、CTRが低い場合に「配信開始してから2ヶ月も経って摩耗しているからか…」と考察したりと、今までできなかったことができるようになります。

ーーーーーーーーーー

2つ目の不便な点は、5日前に配信開始したクリエイティブだけを分析したいのに、レポートにそれ以外のものも表示されてしまうことです。

今回のアップデートでは、配信開始日が表示されるだけでなく、配信開始日を使ってレポートをフィルタリングできるようになりました!

この機能を使うことで、「5日前に配信開始したクリエイティブの初速を確認」したり、「1ヶ月前に配信開始したクリエイティブの成績の低下具合を確認」したりといった業務が、今までよりも効率的に行えるようになります。

操作方法の紹介

クリエイティブの配信開始日を確認する

  1. 今まで通りクリエイティブレポートを検索し、表示させます
  2. レポートの配信開始日に注目してから成績を確認する

レポートを配信開始日でフィルタリングする

  1. 詳細検索画面を開く
  2. 「配信開始日」の欄で任意の日付の範囲を指定する
  3. 検索ボタンを押下する

配信開始日が複数表示される

配信開始日は複数表示される場合があります。

CRALYのクリエイティブレポートでは、画像や動画が一致するアドの成績をキャンペーンおよび広告グループを横断で集計し、表示しています。

複数の配信開始日が表示されるのはこの仕様と関係が深いです。

つまり、同じ画像が、別のキャンペーン(もしくは広告グループ)で、別の日付に配信開始された場合に、複数の配信開始日という状況が発生します。

また、複数の配信開始日があるクリエイティブに対して、配信開始日フィルタを適用すると、指定した期間に含まれるデータのみを表示させることができます。

例えば、配信開始日を2つ(2021-09-01と2021-09-20)を持つクリエイティブimp: 10,000 があったとします。

ここに配信開始日フィルタ2021-09-15 〜 2021-09-30を適用すると、2021-09-20に配信開始されたアドの合算値である imp: 3,000のみが表示されます。

あとがき

配信開始日機能の活用で、今まで以上に、クリエイティブの分析や勝ちパターンの発見が簡単になると良いなと考えております。

今回の機能に関するご要望や、ご質問があれば、こちらのメールにご連絡くださいませ。

craly_support@flinters.co.jp

これからも皆様の課題に耳を傾け、それを解決する機能を企画してまいります。今後ともCRALYをよろしくお願いいたします。

CRALY企画担当 小島一晃